2018年11月03日

冬コミのお知らせです

季節のお約束の時期がやって参りました。
というわけで冬コミのお知らせです。

C95-b.png
2018年12月29日(土)1日目
『ガソリンセーター』
西地区"れ"ブロック-60a


今年の冬コミも『ガソリンセーター』はスペースいただけました。ありがたいことです。
毎回の事ですが、新刊・既刊を用意してお待ちしております。

冬コミ新刊ですが、以前発行した『異人街のリュー』『異人街のリュー2 夢の浮橋』という二冊の同人誌を、文庫サイズで一冊にまとめたものをリニューアル版として発行することにしました。

『異人街のリュー』 文庫サイズ / ページ数・頒布価格未定
サイズ以外何も確定ではない状態ですね。

以前出した内容を加筆・修正し、時間の余裕があれば少し書きおろしも入れたいと思っています。
二冊分をまとめることになるので、100ページ超えは現段階で確定となっています。
表紙イラストやデザイン周りは、私の無茶振りをいつも素敵な形にしてくださる3710さんに今回もお願いしています。

当日スペースでは市川さんと、いつも売り子をお願いしているさねひろさんがいますので、風間個人に何か御用がありましたら、お二人のどちらかにお伝えくだされば確実にこちらに届きます。

例年通り、年末の忙しく寒い時期開催ですので、コミケに参加される皆様、スペースに足を運ぼうと思ってくださっている皆様、どちら様もくれぐれもお身体にお気をつけください。

以降は自分語りが入るので、ちょっと長くなります…。
■興味がある方だけ読んでください。

この『異人街のリュー』という話は非常に設定やキャラ等を気に入っていて、当初はシリーズものにして何冊か発行する予定がありました。

ところが、二冊目を出す時に少し色々ありまして……それ以降、この作品・設定に対する内容を何も考えられなくなってしまいました。
そんな感じで考えること、書くことができなくなっていたので、時間が経って色々気持ち等が落ち着いたらリニューアル版を出したいと思っていました。まあ、それでも中々落ち着かず、動き出せずにいました。

今回、冬の本をどうしようかと市川さんに相談したところ「折角なんだから、平成最後にデカいのぶちかまして、前回の色々を忘れられる素敵な分厚い本を出そうぜ!」という言葉をかけてもらいました。
私としても、いつまでも引きずっていると大好きだった作品と向き合えないと思い、市川さんに背中を押してもらう形でリニューアル版の発行を決意しました。
なお、市川さんは当時あった色々を知ってくれているので、余計に背中を押してくれたのだと思います。

一冊目が2010年、二冊目が2011年発行でしたので、以前出したものを見返すにはちょうどいい時間が経った気はしています。

読み返している最中に色々思い出すこと、思うことがないわけではないのですが……自分が好きで書いたものを好きで居続ける為に、お手に取ってくださる皆様が楽しんでくださるものをお届けできるように、精一杯頑張ります。
posted by 風間ぼなんざ at 19:16| お知らせ